引っ越し難民は2019年も出るのか!?引越業者に調査した結果と対処法

2018/12/25公開

茶色や赤に色づいた紅葉の葉っぱの画像

2018年の3月~4月にかけて、「引越し難民」という言葉が多くのメディアで取り上げられました。
引越し難民とは、様々な理由で「引越しがしたくてもできない」という人たちのことです。

2018年は大変話題になった引越し難民問題ですが、2019年の繁忙期にもこのような問題は起きるのであれば大変です。
引越し侍では、提携している引越し業者に、どのような予想を立てているのか調査を行いました。

調査の結果、「2019年も引越し難民は発生する」と考えている業者は全体の約6割にのぼりました。
このことから、2019年も引越し難民は発生する可能性は非常に高いといえるでしょう。
ここからは、2018年の引越し繁忙期の様子の振り返りを踏まえ、2019年の繁忙期の予想を紹介していきます。

また、記事の最後では、引越し業者と引越し侍がおすすめする、引越し難民の回避方法を紹介しています。
2019年の繁忙期に引越しを予定している人は、ぜひ参考にしてください。

2018年に起きた引っ越し難民問題の様子

2018年に起きた「引っ越し難民問題」の原因は、次の2つでした。

  • 「働き方改革」による引越し業者の人手不足
  • 人手不足に伴う料金高騰

引越し業者の作業員の数が減れば、そもそも引越しを行うことができません。
繁忙期の期間中に行える引越しの数が減ってしまうのです。
その結果、引越し業者が対応できる引越しの回数より、引越ししたい人の数が多すぎるという事態に繋がってしまいました。

また、引越しができる回数が減ったために、引越し業者は1回の引越しの料金を高くしなければいけなくなります。
さらに、少ない人手を少しでも増やそうするため、人件費もかかってしまいます。
そのため、「高すぎて引越しができない」と感じてしまうほど、引越し料金が高くなってしまったのです。

では、2018年の引越し繁忙期では、実際にどのような問題が起きていたのでしょうか?

引越し侍と提携している引越し業者にアンケートを取り、2018年の繁忙期の様子を振り返ってもらいました。
また、繁忙期に引越しをしようとした人たちの声を集めました。

引越し業者に聞く2018年の繁忙期

引越し侍と提携している引越し業者に、『2018年の繁忙期で「引越し難民」について何か実感がありましたか?』というアンケートを行いました。
アンケートでは、引越し難民の影響を受けた業者が約6割いたものの、引越し難民の影響を受けなかった業者が約3割いるという、意外な結果が出ました。

引っ越し難民の実感について引越し業者に尋ねた結果のグラフ

「受注しきれなかった案件があった」「例年よりも見積もり金額を上げた」と答えた引越し業者は、合わせて60%と半数以上を占めています。
引越し難民の影響を実感していた引越し業者は、少なくとも6割はいるということが分かります。
引越し難民の影響があった引越し業者の、実際の声を紹介します。

  • お客様の依頼を受けきれる日と溢れてしまう日とあったが、単価は上げた。
  • 細く長く繁忙期が続いたイメージがある。
  • 一般のお客様より法人のお客様の案件で、例年よりも見積り金額を上げた。

一方で、「例年どおりの受注件数だった」と答えた引越し業者が約30%いるということにも注目です。
この約3割の引越し業者では、引越し難民についてあまり実感していなかったということになります。
「例年どおりの受注件数だった」と答えた引越し業者の中には、こんな意見がありました。

  • 件数は例年と変わりなかった。引越しの単価は上がったものの、ニュースほど焦っているユーザーはいなかった。
  • お断りするお客様の数は変わっていない。
  • 繁忙期は料金が高いから空きがあった。

まとめると、多くの業者で引越し難民の実感があったものの、一部の業者はさほど引っ越し難民の影響を受けていなかったことが分かりました。
これは、「引越し難民」と言われていても、日にちや料金、時間、地域など条件によっては引越しができる可能性があるということです。

twitterやネットで見る2018年の繁忙期

ここまでは、引越し業者の意見を紹介しました。
では、引越しをしようと思っていた一般のお客様は、どのように感じていたのでしょうか?
SNSやネットでの意見を集めてみました。

■twitterで見る引越し難民

■掲示板などで見る引越し難民

  • 3月下旬都内から都内の引っ越しで15万(一人暮らし) 。繁忙期じゃなかったら5万でした、と言われた。めちゃくちゃ混むから3ヶ月前に予約してやっとだった。
  • 中古マンション買って この春引越し予定。ピークを避けて4月末にって依頼したけど全然高い!びっくり!仕方なくGWにしたけど…。申し込みは早ければ早いほうが!って力説された。

引越しができなかった、引越しはできるが料金は高かった、という声が多くありました。
一方で、「引越し難民回避しました」といった投稿もあったため、全ての人が引っ越し難民になっていたわけでもなさそうです。

2019年の「引っ越し難民」について引越し業者の予想を聞いてみた

ここまでは、2018年の引越し繁忙期を振り返りました。
では、2019年は「引越し難民」が発生するのでしょうか?
2019年の引越しを希望日に行うためには、どのような行動をとればよいのでしょうか?

引越し業者に、2019年の繁忙期の予想を聞いてみました!

2019年はどれくらいの引越し難民が発生する?

引越し業者に、2019年繁忙期の引越し難民の予想についてアンケートをとりました。
その結果、「去年より多くの引越し難民が発生する」「去年と同程度の引越し難民が発生する」と答えた業者は合わせて約60%という結果となりました。
一方で、「引越し難民は発生しない」「引越し難民は発生するが、去年より少ない」と答えた引越し業者は合わせて約25%でした。

2019年の引っ越し難民の予想について引越し業者に尋ねた結果のグラフ

「去年より多くの引越し難民が発生する」「去年と同程度の引越し難民が発生する」と答えた業者は、それぞれ約30%でした。
2019年も引越し難民問題が起こると考えている引越し業者の中には、下記のような意見がありました。

  • ヤマトホームコンビニエンスさんが引っ越し業務を停止した影響が出るのではないか。
  • 分散引越しが進み、今年は逆に4月の枠が少なくなるのではないか。

2019年の引越し繁忙期は、ヤマトホールディングスの引越し部門であるヤマトホームコンビニエンスが、新規の引越しの受注を止めています。
そのため、今までヤマトホームコンビニエンスが受注していた件数分の引越しが溢れてしまい、結果的に他の引越し業者にも影響が出るのではないか、という意見です。
さらに、ヤマトホームコンビニエンスは単身の引越しを得意としていたため、特に長距離の単身引越しで難民が出るのではないか、と予想している引越し業者もありました。
また、充分な人手を用意していない4月に引越しを遅らせる人が増えることで、結局「引越しができない」というお客様が出てくるのではないか、という意見もありました。

しかし、「引越し難民は発生しない」「引越し難民は発生するが、去年より少ない」と、2019年の引越し難民問題を否定的に考えている引越し業者もありました。
上記のように答えた引越し業者のほとんどは、「お客様が『引っ越し難民』を警戒してくれているから、今年は大丈夫」と考えていることがわかりました。
また、2019年の引越し難民問題を否定的に考えている引越し業者の半数以上が、2018年の繁忙期で引越し難民問題の実感が得られなかった業者でした。

引っ越し難民が発生するのは2019年のいつから?

続いて、2019年に引越し難民が出るとしたら、どれくらいの時期から発生するのか、という質問です。
全体の約65%が、2019年3月から引越し難民が発生すると回答しました。

2019年の引っ越し難民の発生時期について引越し業者に尋ねた結果のグラフ

やはり、「引越し難民が発生するなら繁忙期」と考えている引越し業者は多くありました。
しかし、「引越し難民は2月ごろから発生する」と考えている引越し業者も約3割ありました。

今まで、引越しの繁忙期は3月と4月と言われていましたが、引越し業者は、2月ごろから繁忙期が始まると考えているようです。

おすすめの「引っ越し難民」対策と対処法

引越し難民にならないための一番の対策は、繁忙期に引越しをしないことです。
2月までの繁忙期が始まる期間か、5月以降の繁忙期が終わった時期に引越しをすればよいのです。

しかし、進学や就職などでどうしても繁忙期に引越しをしなければいけない人もいるのではないでしょうか?
そんな人のために、引越し業者と引越し侍からおすすめの対処法をご紹介します!

  • トランクルームを活用する
  • 早めに引越しの見積りと予約を済ませておく
  • できるだけ多くの引越し業者に見積りを依頼する

ここからは、この3つの方法について詳しくご紹介していきます。

トランクルームを活用する

トランクルームを活用する、という方法を紹介してくれたのは、引越革命株式会社のNさんです。
トランクルームとは、長期間荷物を預けておける場所のこと。
トランクルームを利用することで、一時的ではあるものの、希望日に引越しをすることができます。

トランクルームを利用した引越しの方法は以下の通りです。

  1. 最小限の荷物のみ自分で新居へ運ぶ
  2. その他の荷物は全てトランクルームに預ける
  3. 繁忙期が落ち着いた後で、引越し業者を利用してトランクルームから新居へ荷物を運ぶ。

トランクルームについて、詳しくは「引越しの荷物一時預かりサービスの料金と上手な使い方」で紹介していますので、参考にしてください。

早めに引越しの見積りと予約を済ませておく

引越し業者が引越しを行える回数は、引越し業者によって決まっています。
しかし、全く引越しができないわけではないのです。

そのため、早めに予約を取ってしまいさえすれば、繁忙期に引越しをすることも可能です。
ただし、前述にもあったとおり、今年の繁忙期は2月ごろから引越し難民が出る可能性があります。
引越し難民の発生が早まる可能性があることを考慮すると、1月ごろから見積りや予約を取るのが良いでしょう。

ただし、前述した引越革命株式会社さんのように、「引越し予定日が決まっていないと引越しを受け付けない」としている引越し業者も多くあります。
そのため、見積りや予約を取る前には、必ず引越し予定日を決めておきましょう。
引越し予定日を決めるときは、曜日や時間を変えて3日ほど候補を決めておくと、引越しの予約を取りやすくなります。

できるだけ多くの引越し業者に見積りを依頼する

上で挙げたどちらの方法も難しい場合、できるだけ多くの引越し業者に見積りを依頼しましょう。
なぜなら、前述もした通り引越し難民による影響は引越し業者によって差があるからです。

引越し業者によっては、人員の確保が充分にできていたり、引越しの依頼が想定していたより少なかったりなどの理由で、繁忙期でも空き枠があることもあります。
また、たまたま希望日にキャンセルが出た引越し業者がある、という可能性も捨て切れません。

そのため、1社に断られたからと言って諦めずに、根気よくたくさんの引越し業者に見積りを依頼することで、引越しができる可能性が高まります。

とはいっても、何社も連絡をして、その都度同じ説明をするのは手間もかかるし面倒ですよね。
そんなときは、引越し侍の「引越し比較サービス」を利用しましょう。

引越し比較サービスを利用すれば、引越しの希望日や住所、荷物の量などをネットで入力するだけで、一度に最大10社の引越し業者に、見積りを依頼することができます。
見積りの依頼ができたら、引越しの希望日に対応が可能な引越し業者から連絡が来るので、繁忙期でも少ない手間で引越しをしてくれる業者を見つけることができるのです。

引越し難民になってしまってお困りの人は、ぜひ利用してみてください。

引越しの一括見積もりを依頼する

引っ越し難民を防ぐために引越し業者がしている対策とは?

2019年の繁忙期に向けて、引越し業者が行っている対策について聞いてみました。

どの引越し業者でも、繁忙期に向けた準備は万全のようです。
ポイントとしては次の3つ。

  • 輸送方法を増やす
  • 人手を増やす
  • 確実に引越しができる人を優先する

まとめ

2018年の繁忙期では、「引越し難民」は大変な話題となり、引越しをしたくてもできない人が続出しました。

2019年の繁忙期は、2018年より多くの引っ越し難民が発生すると考えられます。
また、引っ越し難民が発生するのは、2019年の2月からというのが、多くの引越し業者の予想です。
ただし、繁忙期になっても、全ての引っ越し業者のトラックが埋まってしまうわけではありません。
タイミングさえ合えば、繁忙期でも引越し業者に引越しを依頼することは可能なのです。

そこで、引っ越し難民を回避するためには、次の3つの方法があります。

  • トランクルームを活用する
  • 早めに引越しの見積りと予約を済ませておく
  • できるだけ多くの引越し業者に見積りを依頼する

2019年の2月~4月に引っ越しを予定している人は、上記の3つの方法を利用して引越しを成功させましょう!

調査概要

調査対象:全国
調査方法:当サイトの提携引越し業者を対象にアンケートを実施
調査期間:2018年11月~12月
サンプル数:25件

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もりをする
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較