夏のボーナス大調査!みんないくらもらってる?

2019/06/13公開

ボーナスでもらったお金をしきつめたイメージ画像

少しずつ気温が上がってきて、夏が近づいてきているのがわかる今日この頃。
夏といえば、海やプール、キャンプなどのレジャーが楽しい季節ですね。

そんな夏を思い切り楽しむためには…お金が必要!
ということで今回は、引越し侍を利用した人を対象に、「夏のボーナス」についてアンケートをとり、調査しました!

みんなはどれくらいのボーナスをもらっているのか?
夏のボーナスの使い道は?
などなど、調査結果をご紹介します!

また、今回の調査では、職業を「専業主婦・主夫」「無職」「大学生・高校生」などと回答した人は除外して集計しています。

昨年の夏のボーナスはどれくらい?

まずは、昨年の夏のボーナスについて聞いてみました!

2018年の夏のボーナスの有無

昨年の夏のボーナスがあったと答えた人は、全体の半分以上である1735人でした。
一方、「そもそもボーナス制度がない」「いつもはあるが昨年はない」などの理由で、ボーナスがなかったのは、合わせて1136人にもなりました。

では、昨年の夏のボーナスがもらえた人たちは、一体どれくらいもらえたのでしょうか?

2018年の夏のボーナスの金額

一番多かったのは、「約2か月分」と回答した人で、次に多かったのは「約1ヶ月分」と回答した人。
1ヶ月~2ヶ月分貰った人たちを合わせると、全体の倍ほどの数になります。
しかし中には、「6ヶ月以上」と羨ましいくらいたくさんのボーナスを貰った人もいたようです。

今年の夏のボーナス大予想!

では、今年の夏のボーナスがどれくらいになるのか、皆さんの予想を聞いてみました。

2019年の夏のボーナスの金額

今年の夏のボーナスも、約2か月分をもらえる人が多い結果になりました。
一方で、「もらえないと思う」と答えた人も、ある程度いることがわかります。

では、昨年の夏のボーナスに比べて、全体的にもらえる金額は増えているのでしょうか?減っているのでしょうか?
回答が空欄や「その他」だった人を除いて、集計してみました。

2018年と2019年のボーナス金額の差

昨年もらったボーナスに比べて、今年の夏にもらえそうなボーナスの金額が低かった人は326人でした。
反対に、昨年のボーナスの金額に比べて、今年のボーナス金額予想が上回った人は51人。
昨年のボーナスと今年のボーナスの金額に差がなさそうな人は1241人という結果になりました。
この結果から、今年のボーナスは昨年のボーナスとほぼ同水準か、昨年より下がっている、ということがわかりました。

あなたのボーナスはいかがでしょうか?

今年のボーナスの使い道ランキング

ここからは、今年のボーナスについて調査した結果をご紹介していきます!

まずは、今年のボーナスの使い道についてです。

2019年のボーナスの使い道のランキング

一番多かったのは、「貯金」で869人が回答しました。
次に多かったのは「買い物」、その次が「ローンの返済」です。
夏のボーナスを引越し費用に当てる人は、32人とかなり少数でした。
春の繁忙期と比べて、夏場は引越し料金が安くなっているからでしょうか?

この結果から、「ボーナスをぱーっと使う」という人は意外と少ないことがわかりました。
これは、昨年と比べて、貰うボーナスの金額が減っている人が多かったことも、影響しているかもしれませんね。

夏のボーナスの貯金額はいくら?

夏のボーナスの近い道として一番多かった「貯金」。
では、みんな、夏のボーナスの何パーセントを貯金しているのでしょうか?

夏のボーナスの貯金額をまとめたグラフ

一番多かったのが、約半分を貯金すると答えた人でした。
50%、100%と、キリのいい数字で人数が多くなっていますね。
40%と90%の数が少ないのは、「40%を貯金するくらいなら、もうちょっと頑張ってキリのいい50%を貯金しよう」という意識がはたらいているのだと考えられます。

夏のボーナスの金額で一番多かったのが、お給料の2か月分という結果でした。
そのため、仮にその半分を貯金すると考えると、約1か月分のお給料を貯金しているという計算になります。
ボーナスの全額を貯金している人も少なくないことから、夏のボーナスの時期には月給の1~2か月分を貯金する人が多いという結果になりました。

職業別に見る夏のボーナス

ここまでのボーナス調査を、職業別に分析した結果をご紹介していきます。

まずは、昨年のボーナスについてです。

2017年のボーナスの有無について職業別にまとめたグラフ

やはり、安定性があると言われている公務員の人は、昨年のボーナスをもらっている人の割合が多いようです。
反対に、自営業の方は「そもそもボーナスがない」と答えた人がほとんどです。
「いつもはあるが昨年はなかった」と答えた人の割合が1番多かったのは、シフト制勤務の会社員でした。

続いて、今年の夏のボーナスの金額についてです。

2019年のボーナス金額を職業別にまとめたグラフ

どの職業でも、「ボーナスは約2か月分」と答えた人が1番多いという結果になりました。
しかし、シフト制勤務の会社員では、1か月分と答えた人と2か月分と答えた人が、ほぼ同じくらいの人数でした。
「3ヶ月分以上のボーナスがもらえる」と答えた人の割合が一番多かったのは自営業の方というのは、やや意外な結果です。
「もらえないと思う」と答えた人の割合が一番多かったのは、パート・アルバイトの人でした。

男女別に見る夏のボーナス

続いて、ボーナス調査を男女別に見てみました!

2017年のボーナスの有無を男女別にまとめたグラフ

男女別にみると、女性より男性の方が、「昨年のボーナスがあった」と答えている人の割合が多いという結果になりました。
「いつもはあるが昨年はなかった」と答えた人は、男女で大きな差はありませんでした。

続いて、今年のボーナス金額について見てみましょう。

2019年のボーナス金額を男女別にまとめたグラフ

女性は、男性に比べて「もらえないと思う」「1か月分未満」と答えた人の割合が多くなっています。
反対に男性は、女性に比べて「約3か月分以上」と答えた人の割合がかなり多い結果となりました。
ここから、全般的に女性より男性の方がより多くのボーナスを貰っているという可能性があることがわかりました。

しかし、これらは「専業主婦(主夫)」「無職」「学生」を除く全ての職業を対象にしたデータです。
そこで、職業を、人数の多かった「会社員(シフト制勤務)」と「会社員(土日休み)」に絞って、男女別のボーナス金額を比べてみました。

会社員(シフト制)の人のボーナス金額を男女別にまとめたグラフ

まずはシフト制勤務の会社員からです。
「もらえないと思う」と答えた人の割合と、「約3ヶ月分以上」と答えた人の割合で、男女差が出ています。
「もらえないと思う」と答えた人は女性が男性より多く、「約3ヶ月分以上」と答えた人は女性より男性が多い結果となりました。
一方、「約1ヶ月分未満」「約1ヶ月分」「約2ヶ月分」と答えた人の割合は、大きな男女差は見られませんでした。

会社員(土日休み)の人のボーナス金額を男女別にまとめたグラフ

次に、土日休みの会社員です。
「約1ヶ月分未満」と答えた人の割合と、「約3ヶ月以上」と答えた人の割合に、男女差が出ました。
「約1ヶ月分未満」と答えた人は女性が男性より多く、「約3ヶ月分以上」と答えた人は女性より男性が多い結果です。
シフト制勤務の会社員と同じように、「約1ヶ月分」「約2ヶ月分」では、男女差はあまり見られませんでした。

これらの結果を総合すると、同じ職業であれば、多くの男女はほぼ同じくらいのボーナスをもらっているといえます。
ただし、ボーナスがなかったり金額が1ヶ月未満だったりする人は女性に多く、ボーナス金額が3ヶ月以上の人は男性に多いようです。
そのため、男女を総合すると、男性のボーナス金額のほうが多いように見えるのです。

地域別に見る夏のボーナス

最後は、ボーナス調査を地域別に見ていきましょう!

まずは、昨年のボーナスに関しての調査をご紹介します。

2017年のボーナスの有無を地域別にまとめたグラフ

「ボーナス制度がない」と答えた人の割合が一番多かったのは、意外にも関東と関西でした。
都会の方が、ボーナス制度のない勤め先が多いということでしょうか。
「昨年のボーナスがあった」と答えた人の割合が一番多かったのは、北陸・甲信越地域でした。

続いて、今年の夏のボーナス金額についてです。

2019年のボーナス金額を地域別にまとめたグラフ

「約3か月分以上」と答えた人の割合が一番多いのは東海地域でした。
高額のボーナスが出るのは、東海地域の企業が多いということになります。
反対に、「もらえないと思う」と答えた人の割合が1番多かったのは中国・四国地方でした。
また、平均的である「約2か月分」のボーナスがもらえる人の割合が多い地域は、関東・東海・関西のみ。
北海道・東北、北陸・甲信越、中国・四国、九州・沖縄では、「約2か月分」と答えていたのは、どの地域も20%を下回る結果となりました。
このことから、ボーナス金額には地方格差があることがわかります。

まとめ

今回は、夏のボーナスについて調査しました!
より正確な情報を出すため、職業欄に「専業主婦(主夫)」、「大学生・高校生」、「無職」と記入した人は除外して集計しています。

今回の調査のポイントは5つ。

  • 夏のボーナスの金額は「約2か月分」という人が多い
  • 昨年のボーナス金額に比べると、大半はほぼ同じ金額だが、増える人より減る人のほうが多い
  • ボーナスの使い道として一番多かったのは「貯金」
  • 貯金額は、「約50%」が一番多く、次に多いのは「全額」
  • ちなみに、ボーナスを「引越し」に使うと答えた人は、一番少ない

ボーナス金額で一番多かった回答は「約2ヶ月」でしたが、中には「もらえない」「約6ヶ月以上」などの意見もありました。
ボーナスの使い道として、貯金の次に多かったのは「買い物」、その次は「ローンの返済」と、浮かれた使い方をする人は少なそうです。

また、職業別にまとめた調査も行いました。

  • どの職業でも、ボーナス金額は「約2か月分」が一番多かったが、シフト勤務制社員では、「約1か月分」とほぼ同じ割合だった
  • ボーナス金額が「3ヵ月分以上」と答えた人の割合が一番多かったのは自営業
  • ボーナスが「もらえない」と答えた人の割合が一番多かったのはパート・アルバイト

ほぼ予想できるような結果でしたが、「そもそもボーナス制度がない」と答えていた自営業が、「3ヶ月以上」のボーナスを貰っている人の割合が1番高いというのは意外でした。

男女別にまとめたボーナス調査のポイントは以下の通りです。

  • 昨年のボーナスをもらったのは、女性より男性の方が多かった
  • 女性は男性より、ボーナスが「もらえない」「1ヶ月未満」と答えた割合が多かった
  • ボーナス金額が「3ヶ月以上」と答えた人は、女性より男性の方が多かった
  • 同じ職業で比べると、高額のボーナスをもらっているのは男性に多い
  • 同じ職業で比べると、ボーナスをもらっていないか金額が低いのは女性に多い

同じ職業で比べると、多くの人がほぼ同じくらいのボーナス金額をもらっているようでした。
しかし、男性のほうが高額のボーナスを貰っている割合が多く、女性の方がもらっていないか低額のボーナスをもらっている割合が多かったのです。
そのため、全体的に見ると、女性より男性のほうが、多くのボーナスをもらっているように見えるの結果となりました。

最後は、地域別にまとめたボーナス調査の結果です。

  • 「ボーナス制度がない」と答えた人との割合が一番多かったのは、関東と関西
  • ボーナス金額が「3ヶ月以上」と答えた人の割合が1番多いのは東海地域
  • ボーナスが「もらえないと思う」と答えた人の割合が一番多かったのは中国・四国地方
  • ボーナス金額が「約2か月分」と答えた人の割合が多かった地域は関東・関西・東海
  • 北海道・東北、北陸・甲信越、中国・四国、九州・沖縄では、ボーナス金額が「約2か月分」と答えていた人の割合が20%以下

関東・関西・東海と、それ以外の地域で、ボーナス金額に大きな差があることがわかりました。

これらの結果から、ボーナスの金額は、職業・性別・住んでいる地域によって、かなり変わるということがわかりました。
特にボーナスを多くもらえている可能性が高いのは、自営業の男性で東海圏に住んでいる人でした。
逆に、全くボーナスをもらえていない可能性が高いのは、自営業の女性で中国・四国地方に住んでいる人ということになります。

あなたの夏のボーナスは、いくらくらいになると予想していますか?

調査概要

調査対象:全国
調査方法:当サイトを利用した方を対象に、インターネットアンケートを実施
調査期間:2019年4月~5月
サンプル数:2,889件


※本サイトに掲載しているデータを引用・転載いただく場合には、大変お手数ですが、株式会社エイチーム引越し侍まで事前にご相談ください。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もりをする
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数の引越し業者に対してネットから一括で見積もりの依頼ができるサービスです。ご利用は完全無料。安い費用で引越ししたい方に、各社よりお電話かメールにて料金をお知らせいたします。
無料 最安値の業者を探すなら 引越し一括見積もり依頼
Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

ATEMA 引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F