3月〜4月は引越しの依頼が集中するため、お早めのお見積もり・ご予約をお願い致します

バレンタイン予測2020!あげるのは手作り?購入品?チョコレート事情を大調査

2020/01/29公開

バレンタインに贈るチョコレートの写真

2020年の2月は、「令和」初のバレンタインがやってきます。
日本でバレンタインが始まったのは昭和40年代。
当時は「女性から男性へ、愛の告白をしながらチョコレートを渡す」というイベントでした。

それから40年以上の月日が経ち、年号も昭和から平成に、そして令和へと移り変わりました。

その間、好きな人へ渡す「本命チョコ」のほか、好きな人以外の男性にチョコを渡す「義理チョコ」や、友達同士で交換する「友チョコ」、男性から女性へ贈る「逆チョコ」など、様々な形のチョコが生まれました。

新しい令和の時代に、バレンタインはどのようなイベントになっていくのでしょうか?
引越し侍ならではの視点も交えつつ、バレンタインの告白事情や、チョコレートの購入率、義理チョコのゆくえなど、今年のバレンタインについて調査を行いました!

2020年のバレンタイン大予想

近年では、「友チョコ」「逆チョコ」「ご褒美チョコ」など、バレンタインにおけるチョコレートの役割はとても多様化しています。
そこで、引越し侍の利用者に、バレンタインについて調査してみました。

まずは、令和初となるバレンタインのチョコレートは、手作りと購入品のどちらが人気か調査してみました。

2020年のバレンタイン大予想・女性

2020年は、「手作りチョコを作らない」という女性が多いようです。
年代別に見ると、一番多い20代の女性でも、「チョコを手作りする」という人は35%にとどまりました。

続いて、男性の意見を聞いてみましょう。

2020年のバレンタイン大予想・男性

「手作りのチョコをもらいたい」という男性は、全体の約30%でした。
「手作りチョコレートを作る」と答えた女性は約20%と、どちらも少数派だったので、手作りのチョコレートをあげたい人と欲しい人が、うまくマッチしていることを祈るばかりです。
年代別に見ると、20代の男性のみ、わずかにですが「購入品」より「手作り」と答えた人が多い結果となりました。
20代の男性に告白するなら、手作りチョコレートのほうがうまくいくかも!?

続いて、2018年のバレンタインには物議を醸した「義理チョコ」についてです。
大手チョコレートメーカーが、「義理チョコをやめよう」という広告を打って、一躍話題になりました。
あれから2年が経ちますが、日本の義理チョコ文化は今どうなっているのでしょうか?
職場や学校、ご近所さんなど、身近なコミュニティでの義理チョコ文化について調査しました。

2020年のバレンタイン大予想・義理チョコ

調査の結果、「身近に義理チョコの文化がある」と答えたのは、女性の方が多い結果となりました。
どの年代でも、「義理チョコの文化がある」と答えたのは女性の方が多かったのが印象的でした。
男性は「たまたま義理チョコをもらっている」と思っているだけで、「文化がある」とまで思っている人は少ないようです。
しかし、男女ともに半数以上が「義理チョコがある」と答えているため、まだまだ日本から義理チョコはなくなりそうにありません。
義理チョコを渡す人が、バレンタインを楽しいと感じているといいですね。

「バレンタインに告白」って本当にあるの?

「バレンタインに意中の相手を呼び出し、チョコレートを渡しながら自分の気持ちを伝える」というエピソードは、日本らしいバレンタインの一幕ですよね。
しかしバレンタインにチョコレートを渡しながら告白をする人は、実際にどれくらいいるのでしょうか?
調査の結果、驚くべきことがわかりました。

「バレンタインに告白」って本当にあるの?

女性にバレンタインの告白の有無を聞いたところ、「告白をしたことがある」人は全体の2割に満たない結果となりました。
一方、男性に聞いたところ、「告白をされたことがある」人は、約4割と、女性の「告白をしたことがある」割合の倍以上という結果でした。
告白したことがある人より、告白されたことがある人の方が多かったのです。
このことから、バレンタインに告白したことがある女性は、今まで2人以上の男性に告白している、という可能性が浮かび上がってきました。
もしくは、「女性は義理チョコをあげたつもりでも、男性は『告白された』と勘違いをしてしまった」という悲しい結末も考えられます…。

では、バレンタインの告白について、年代別にみるとどのようになるのでしょうか?

「バレンタインに告白」って本当にあるの?・年代別

女性で「告白をしたことがある」と答えた人の割合は、年代別に大きな差がありませんでした。
一方、「告白をされたことがある」と答えた男性の割合は、40代・50代が最も多く、10代が最も少ないという結果になりました。
同年代に告白をしたと仮定すると、40代・50代で「告白をしたことがある」女性は、1人で3人以上の男性に告白していたことになります。
もしくは、先ほど挙げた悲しい結末の男性が、40代・50代には多いのかもしれません。

また10代は、「告白をしたことがある」女性よりも、「告白をされたことがある」男性の方が少ない、唯一の年代でした。
10代の女性は、同年代以外の男性に告白をすることが多いのかもしれません…。

注目すべきは、60代の女性のアンケート結果です。
他の年代の女性は、「したことがある」人は10%以上いるのに対し、60代の女性は10%に満たない結果となっています。
これは、日本のチョコレートの歴史が関係しています。

「バレンタインにチョコレートを贈る」というイベントが生まれたのは、1970年代ごろだといわれています。
この頃、バレンタインを流行らせていたのが、小中学生の女の子でした。
現在60代の人は、ちょうど「日本のバレンタイン」が流行し始めたころ、小学生~高校生くらいだったのです。
「バレンタインにチョコレートを贈る」というのは、当時の少女たちにとって「流行の先端」で、まだまだ浸透していなかったのかもしれません。
一方、バレンタインが日本中に浸透した頃に小学生~高校生くらいだったのが、40代・50代の人です。
そう考えると、40代・50代の男性で、「告白されたことがある」という人が多かったのもうなずける気がします。

みんなのバレンタインの思い出を紹介

「バレンタインで告白」というイベントを経験している人は、意外にも多くないことがわかりました。
そこで、バレンタインに告白をした人やしたことがある人の経験を分けてもらうべく、バレンタインの思い出を募集しました!

様々なエピソードが寄せられたので、一部をご紹介していきます。

まずは、チョコレートをあげた・もらったという女性のエピソードです。

10代・20代女性

  • 大好きだけど自分に関心のない学年一のイケメンにガトーショコラを渡したら「お店より美味しい」と言って貰えたこと。実はそのガトーショコラはホールで焼いたものを切って6分の1にした大きさだったのですが、美味しくなるまで真夜中に4ホールも焼いていました。そのお返しとして貰ったシャープペンシルは中二から大学受験まで毎日使いました。
  • 同性の年下の子から告白され、当時はパートナーがいたため断ったが、後日その子が芸能界入りし異性に告白したエピソードとして語られたこと。
  • 中学生のとき、仲の良い男友達には義理チョコを配ることができましたが、本命の彼には好きな人がいるという噂があり、タイミングはあったのですが、結局渡せませんでした。成人式で再開した彼が、「たくさん近くに行ってアピールしたのに俺だけもらえなくてすごくショックだった!あの時好きだったんだよ!」と言ってくれて、また彼に恋しそうになりました。

30代・40代女性

  • 学生の頃、バレンタインのチョコを作るために、交流があったケーキ屋の厨房を借りて、ケーキ屋の店主がお店に出す用に作ったケーキの生地を型に流し込むだけ…という他人任せな手作り(?)チョコケーキを彼氏にあげたことがあります。余程美味しかったらしく、しばらく彼氏の学校の間では「料理のできる女」になっていました。
  • 小学生の時に片思いの男の子の家にチョコレートを届けに行ったけれど、直接渡せなくて玄関先に置いていったら、実は隣の家だった(笑)隣の家は幼なじみで親同士も仲がいいので、後で相手の親から私の親に連絡がありその事実を知ってすごく恥ずかしかったです。
  • 若い頃、6時間ぐらいかけて手作りケーキを作ったものの、待ち合わせ時間に遅れて走っていたら、転んでケーキを落としてしまいました。ケーキはぐちゃぐちゃになりましたが、彼氏は美味しいって食べてくれました。我慢してくれたんですね。(笑)

50代・60代以上の女性

  • 70歳の父にプレゼントした年、父は職場の方 35人からチョコを貰って帰ってきました。チョコをくれたのは20代の保母さん達で、私があげたプレゼントよりはるかに可愛くて素敵でした。父にあげたプレゼントは、父から「持って帰って食べな」と返されました。
  • バレンタインに手編みのセーターをプレゼントしたが実は母親に編んでもらった。
  • 中学2年生の時に、野球選手で成績も学年トップという1つ年上の先輩へ、英語で思いを手紙に書いて渡しました。

続いて、チョコレートをもらった、あげた、またはもらえなかったという男性のエピソードを年代別にご紹介します。

20代の男性

  • 「振られたからあんたにあげる」と高いチョコレートをもらったことがあります。下手に慰めると逆効果だと思ったので、その場でむしゃむしゃいただきました。女の子は僕の食べているのを見ているうちに涙ぐんでどこかへ行ってしまいましたが、僕はちゃんと最後まで食べきりました。
  • 自分で作った。
  • 教壇の前で名前を呼ばれ告白されながらチョコをもらった。
  • 子供にパパに似てるチョコだよ。と言われゴリラのチョコを貰ったこと。

30代・40代の男性

  • お姉ちゃんのチョコレート作りを手伝わされた。
  • チョコレートを同性にあげた。
  • 学生時代に、同性の人から本命チョコをもらった。
  • 中学生の時、不良の憧れの人からバレンタインをもらって、不良に殴られた。

50代・60代以上の男性

  • もてない自分ですが、バレンタインに告白されたことがいい思い出です。なのになんで応えてあげなかったんだろう?イエスでもノーでもきちんと対応してればよかった。
  • 「好きです。結婚して下さい。」と言われた。
  • 小学校のときに手紙付き告白チョコを貰いました。1ヵ月後、OKの返事を手紙にまとめようと書き始めましたが、当時の文章力のない私は結局手紙が完成せず、しまいにはお返しのチョコも返さないという失礼なことをしてしまった痛い経験が(笑)

チョコをあげる側の女性は、作る過程なども思い出のひとつ。
そのため、エピソードもかなり長文です。

一方、男性は短文のエピソードが多かったのが印象的です。

しかし、男女ともに「同性からもらった」「同性へあげた」という回答もあり、愛に性別の垣根はないことを伺い知れます。
近年では、すでに定番となった友人への「友チョコ」や、男性から女性へ贈る「逆チョコ」のほか、自分自身のために買う「自分チョコ」「ご褒美チョコ」などもあり、バレンタインも多様化が進んでいるようです。

では、2020年のバレンタインは、誰にどんなチョコをあげるのでしょうか?
ここからは、今年のバレンタインについて調査した結果を紹介します。

もしチョコレートが引越し作業員になったら…?

ところで、引越し侍は、複数業者への引越し見積もりの依頼や、引越し業者を比較してwebで予約ができるサイトです。

バレンタインとは全く関係のない業界のサービスを運営していますが、記事をつくるにあたって、なんとかバレンタインと関連付けられないか考えました。
そこで、「もし国民的人気チョコレートが人間になって、引越しの作業員になったら…」という発想のもと、どのチョコレートに引越しを手伝ってほしいかを調査しました!
つまり、「引越し業者」としてのチョコレートの人気ランキングです。

それでは、ランキングを見ていきましょう!

どのチョコレートに引越しを手伝ってもらいたい?

アンケートの結果、1位は『コアラのマーチ』という結果になりました!
2位は、僅差で3位の『ブラックサンダー』を抜いた、『たけのこの里』でした。
3位以上と3位以下では、圧倒的に差がついていることがわかります。
続く4位、5位には、『ポッキー』『小枝』が続きました。
最下位になってしまったのは『きのこの山』でした。

ちなみに、男女別ではほとんど同じランキングとなりました。
年代別でも、1位はコアラのマーチが独占していて、人気の高さがうかがい知れます。

どのチョコレートに引越しを手伝ってもらいたい?・10代~30代

どのチョコレートに引越しを手伝ってもらいたい?・40代以上

『きのこの山』と『たけのこの里』は永年のライバルですが、10代のみ『きのこの山』に軍配が上がっています。
『きのこの山』は、若年層に人気ということなのでしょうか…?
一方、50代と60代の2位には、それぞれブラックサンダーとポッキーがランクイン。
細長いビジュアルのポッキーがなぜ2位になることができたのでしょうか?

その謎を解き明かすべく、それぞれのチョコレートを選んだ理由についても調査しました!

コアラのマーチ

コアラのマーチ

まずは一番人気が高かったコアラのマーチです。

コアラのマーチを選んだ理由として、一番多かったのは「優しそうだから」という意見でした。

コアラのマーチを選んだ理由は?

次に多かったのは、「見た目が好みだから」という意見でした。
確かに、パッケージのコアラのイラストは、可愛らしく優しげですよね。
引越し業者は、小さなお子さんがいる家庭で仕事をすることもありますが、そんなときはやっぱり優しい業者さんであることが1番ですよね。

他にも、こんな意見が寄せられました。

  • コアラが引越しに来る姿が想像できて、可愛い
  • まゆげコアラがいいな
  • 引越し屋さんぽい名前だから
  • 頑張って働いてくれそうだから
  • 見た目がほんわかして引越しの最中も幸せを感じていられそうだから

ビスケットにコアラのキャラクターが描かれているため、動物のコアラを想像している人もいるようです。
しかし、実際に引越しの場面にコアラがいるとびっくりしてしまいそうですね。

たけのこの里・きのこの山

きのこの山とたけのこの里

続いて、2位のたけのこの里と、6位のきのこの山を選んだ理由についてご紹介していきます。

きのこの山とたけのこの里を選んだ理由は?

ランキングを見ていくと、たけのこの里は信頼できそうで力強いイメージを持っていることがわかりました。
引越し業者は大切な家財や重たい家具・家電を運ぶため、信頼感や力強さは欠かせません。
一方きのこの山は、見た目が良くて優しそうなイメージを持たれています。
優しそうな印象は、時として頼りなげに見えてしまうこともあるため、引越し業者としては6位という結果になってしまったのかもしれません。

そして、たけのこの里ときのこの山は、「どちらが美味しいか」「どちらが人気か」などで、常にライバル意識を持つもの同士。
それぞれを選んだ理由も、独特なものでした。

たけのこの里を選んだ理由

  • たけのこの里が好きだから
  • たけのこの里派です!!
  • たけのこ派だから
  • “たけのこ”の上に伸びていく姿が縁起良さそうだから

きのこの山を選んだ理由

  • きのこの山派なので
  • きのこの山が好きだから
  • きのこ派だから
  • パッケージにノリノリの画多そうだから楽しそう

「たけのこ派」「きのこ派」と、日ごろのライバル意識が如実に現れた意見が大多数を占めていました。
ちなみに、2018年に行われた「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」ではたけのこ党が勝利を飾りましたが、2019年の再選挙では新きのこ党が勝利。
果たして、引越し侍のこのランキング結果は、きのこ派・たけのこ派に新たな波紋を投げかけることになるのでしょうか…?

ブラックサンダー

ブラックサンダー

ブラックサンダーは、「一目で義理とわかるチョコ」として、バレンタインには大活躍するチョコレート。
ブラックサンダーを選んだ理由で最も多かったのは「力が強そうだから」という意見でした。

ブラックサンダーを選んだ理由は?

ブラックサンダーを選んだ理由の第2位は「美味しいから」という純粋なチョコレートへの感想でした。
3位には、「料金が安そうだから」という理由がランクインしています。
ブラックサンダーは2020年1月現在、amazonで20個入り1箱648円(1個あたり約32円)と、お手頃価格で手に入れることができます。

そのため、「仮に引越し業者になったなら引っ越し料金も安そう!」というイメージがあるのかもしれません。
確かに、料金の安い引越し業者は、引越し侍の中でも人気業者の条件のひとつです。

ブラックサンダーを選んだ、そのほかの理由も見てみましょう。

  • マッチョそうだから
  • 快活でスピーディーそうだから
  • 強そうだから
  • 仕事が早そう
  • 馬車馬の如く働きそうだから

強そうで働き者、という意見が多いようでした。
力持ちで働きもので、料金も安そうな引越し業者が1位になれなかった理由はなんでしょうか…?

ポッキー

ポッキー

「世界で初めての棒状チョコレート」として、1966年に発売を開始したポッキー。
その長い歴史から、上位にランクインしたのは「信頼できそう」という意見でした。

ポッキーを選んだ理由は?

さすが、ご長寿おやつのポッキーは、信頼できそうで仕事が丁寧そうと、かなり真面目な印象を持たれていることがわかります。
「信頼できる」「仕事が丁寧」というのは、引越し業者選びには欠かせない条件で、引越し業者の口コミにも度々登場する言葉です。

それでは、上位にランクインしなかった理由についてもご紹介していきます。

  • 個人的にグリコ製品ファン
  • 身体に良さそうだから
  • 一番なじみがある
  • 主題歌がB’zだから
  • 洋酒に合う

幅広い世代に親しまれているポッキーは、選んだ理由も他のチョコとは一線を画す個性的なものが多くありました。
江崎グリコという会社丸ごと好きな人や、CMに起用されているB’zが好きな人など、他のチョコには見られない幅の広さから、ポッキーがどれだけ親しまれているかわかります。

小枝

小枝

小さい枝のようなかわいらしい見た目からか、人気ランキングでは5位と悔しい結果になった小枝。
しかし、そんな小枝を選んだ人たちは、その可愛らしい見た目が好きなようです。

小枝を選んだ理由は?

引越し業者としてはやや頼りない可愛らしい見た目も、チョコレートとしては人気な要素の一つ。
1971年に発売されたという歴史の長さからか、「仕事が丁寧そう」と真面目そうなイメージを持つ人も多いようです。

小さいイメージの強い小枝ですが、過去には「ジャンボ小枝」なる大きな小枝や、「小枝スティック」という長い小枝も発売されていることをご存じですか?
さらに2020年現在は、「タルトタタン」や「フロランタン」といった、高級感のある太めの小枝も販売されています。
そんなバリエーション豊かな小枝を選んだ人は、どんな意見を持っているのでしょうか?

  • かわいらしそうな名前だから
  • 可愛い気がする
  • 女の子の名前みたいで可愛いから
  • 美味しいから

やはり、可愛い見た目は、可愛いもの好きの人のハートをがっちり掴んでいるようです。

まとめ

令和のバレンタインでも、引き続きチョコレートが主役のイベントという点では変わりがありませんでした。
しかし、手作りチョコレートや、「チョコレートを渡しながら告白」という文化などは、減少傾向にあるようです。
一方で、義理チョコ文化はまだまだなくなることはなさそうです。

引越し業者としてのチョコレートはコアラのマーチが一番人気でした。
ちなみに、ランキング外のチョコレートとしては、以下のようなチョコに票が入っていました。

  • アポロチョコ
  • アルフォート
  • キットカット
  • コーヒービート
  • トッポ
  • ロイズ

みなさんは、どのチョコレートに引越しをお願いしたいですか?

調査概要

調査対象:全国
調査方法:当サイトを利用して引越しをした方を対象に、インターネットアンケートを実施
調査期間:2019年11月28日~12月26日
サンプル数:2,276件

引越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

【無料】引越し見積もりの比較スタート
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数の引越し業者に対してネットから一括で見積もりの依頼ができるサービスです。ご利用は完全無料。安い費用で引越ししたい方に、各社よりお電話かメールにて料金をお知らせいたします。
無料 最安値の業者を探すなら 引越し一括見積もり依頼
オフィス・事務所の移転費用を比較
オフィスの引越しを専門とする会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
オフィス引越しの一括見積もり依頼
海外への引越し費用を比較
海外へ引越しを専門としている会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
海外への引越し一括見積もり依頼
Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

エイチーム引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F